fc2ブログ

大妖 付喪神使い すばしっこい EXTRA その3

67Fで、いきなりどこかから火炎ブレスが飛んできて、39HPに。レベルテレポ。それにしても怖いものがある。

69Fで、通路に雑魚が群れていたので突っ込んだら、いつの間にか魔理沙にマスタースパークをくらっていた。やばかった。

70EQクリア。フランドールが水が苦手だと初めて知った。そういえば吸血鬼だったな。

74Fで印刷所。魔法の小瓶。

80EQクリア。44レベルで、惜しくも鑑識が*鑑定*のレベルには達しなかった。達していれば、有用なアイテムを拠点に送れた。まあ、そこそこ拠点のアイテムは充実してきたが。スキマ妖怪の手袋のカードは使い切った。

付喪神使いは、強力に呪われた品でも、何度も挑戦すれば外せる。ただし、それでも品物は呪われたままなので少し不便ではある。やはり、そういう品を使いたければ、*解呪*はしておいた方がいいだろう。あと、屋台で人形を買っても、強力な呪いは解けない。ただの呪いと、経験値復活は大丈夫なのだが。呪いと経験値復活は、一度には無理で、人形を二回買う必要あり。

*破壊*の杖が壊れたので、魔法の小瓶を使用して拠点から取り出す。アイテムも貯めこんでいたので、これはこれでいい。

90EQはスルー。隠密に難あり。

91か92Fで、紫を倒して日傘をゲット。その後、94Fあたりでナルヤ。95Fで雷龍が審判の宝石。

太歳星君を倒した。何回目かの勝負になるが、オベロンと違い、*破壊*を使わない分、簡単になっている部分と難しくなっている部分がある。具体的には、なかなか召喚された敵が減ってくれない。が、比較すれば少しだけ簡単になっている。後、能力値を下げられるので近接だと対抗手段がいる。多分、打撃の狂気をもたらすの部分。自キャラに狂気耐性は無かった。打撃で呪われる可能性もあった。

弾幕研究家をやりたくなったので、ここで終える。
スポンサーサイト



大妖 付喪神使い すばしっこい EXTRA その2

34Fで、魔法の小瓶を印刷。

体力ランク91。新生必須。後、知能の薬*2で+4。

39Fで、+3の吸血鬼のマント。来た来た。

40EQクリア。ホルコルレス、イシルドゥア、オルクリスト、スレイヤー、紅蓮姫。まさか本当にスレイヤーが来るとは。紅蓮姫も反感はあるが、太歳星君戦とか、反感でもどうでもいい場面なら使えるだろう。ただ、この場では装備せず、魔法の小瓶で拠点に送る。

拠点に送った後で気が付いたが、付喪神として固定AFを使う選択肢はあった。固定AF装備では、付喪神使いらしくはないのだが、付喪神としてなららしいだろう。ただ、スレイヤーは強いので、結局後で装備する事はあるかもしれない。

41Fの腕力の薬で+3。42Fでグレイスワンダー。グレイスワンダーは、中盤の武器としてはスレイヤーより上だろう。装備のパズルに貢献する。

★畠山重忠の赤糸威大鎧 (+5,+5) [24,+20] (+2) {+腕耐魅r酸電冷暗劣;恐盲}。暗劣の部分が沌だと勘違いしていて7の店に売ってしまった。間違いを認め、高額で買い戻す事に。

クローンの前に新生の薬。HP上昇。

クローンクリア。新生の薬もある事だし、突然変異の薬を飲んでみる事にした。吸血の牙と、エレメント耐性。エレメント耐性は、二重耐性が自前でないキャラにとって最高の引きの一つ。
☆(*妖器*)灼熱地獄ゴビの鎖つき鉄球 (6d6) (+27,+29) (+2攻撃) (50/62)
これをクローンで育ててみたのはお遊びだったのだが、ここまでになってしまった。*鑑定*がまだなので、さらに能力や耐性がある。

58Fで、胡散臭げな扇のカード。

60EQは、始まって早々に襲撃してきた永琳が強く、機嫌も悪く、あきらめた。ここの妖刀や報酬に期待していたのだが。まあ、そこそこ強い妖器は既に作ってある。ただ、テレポートレベルの前に薬だけでも回収するべきだったかもしれない。

大妖 付喪神使い すばしっこい EXTRA その1

弱いキャラの後なので、強い種族を使ってみる。

付喪神使いは、EXTRA適正は高め。ただし、二重耐性の手段持ちにはかなわない、というのが以前の感想。便利な小技で、荷物蘭が少し空く。武器を複数持たなければだが。ただ、そうなってしまう事はあるし、風神武器、リンギル、エオンウェ斧は手に入れば持つ。リンギルとエオンウェ斧は、付喪神化がとにかく強い。

投擲Aも見逃せない。ツモ次第だが。

種族を変えるアイテムが出たら使うかもしれない。スコアが下がるのを気にしなくていいので。

2Fで早くも真鍮のランタンと油つぼ3つ。3Fで商店街。食料での詰みはほぼ消え、鑑定の杖も2本。蜈蚣のエゴ武器も入手。

博麗のハチェット (2d7) (+7,+12) (+1探索) (20/21) {+賢器魅探r聖轟;視麻恐祝/沌妖悪死~沌妖}。8F。妖器化すれば、太歳星君までは届くだろう。その後は、もう少し強いのが欲しいかな。

10EQクリア。これは武器が強いので余裕。11Fで魔法の小瓶。

(妖器)博麗のハチェット (2d7) (+12,+13) (+4加速) (21/22) {+速賢器魅探r聖轟;視麻恐祝/沌妖悪死~沌妖}。これは強い。

20EQクリア。ランダムAFの武器があったので、ペット戦術。

30EQクリア。鑑定は進んだが、ドロップは普通。

(*妖器*)博麗のハチェット (4d7) (+17,+17) (+4加速) (33/37) {+速賢器魅探r聖轟;視麻恐祝|吸/沌妖悪死~沌妖}。34Fにて。AFではスレイヤー位でないとこれは超えられないだろう。スレイヤー以上が出ても、装備のパズル的に出番がある。

力自慢の 鬼人正邪 EXTRA その4

一応、J戦の準備はできている。しかし、もう一段強化しないと勝てないだろう。クロスボウでは一応戦えるが、Dでしかない。加護の指輪を射撃の指輪に変えられるか。あと、もっと強力なクロスボウの矢が必要。クロスボウも、もっと強いのが出るかどうか。

109F。リアル翌日、モルゴスの階だが、スルーする。パズルのピースは充実しつつある。ただ、強力な矢が出てない。

114Fで拠点に入り、追加射撃の指輪の装備に成功する。今すぐJ戦も可能だが、もちろんギリギリまで強化とアイテム収集。

118Fのバルトで、ネンヤと+15のスピードの指輪。

さて、126Fにて準備。J戦に要らないものは捨て、いる物だけを持つ。クロスボウの矢は持ち、魔法の矢筒は発動可能にしておく。

Jを倒した。物資はまだあったが、切り札的なのは使い切っており、周囲の状況から見てもギリギリだった。敵を黙らせるは出ず、モルゴス、アザトートを召喚される事になった。ダメージ系のカードもかなり持っており、それらは役に立った。最後は、打出の小槌Gで強化して隣接し、橋姫の鉄輪の後、アグララングで切り刻んだ。

混沌4冊目の他に、いくつか付与4冊目を持っていたのが役に立った。黙らせる事が出来なければ、超人化でも使うしかない。付与以外にも有効なのはあり、多く入手できたのを使うのがいいのだろう。(胡散臭げな扇のカードで魔法書を直接使える)

カードで能力値を強化しての遠距離戦は、そこそこ有効だと思った。以後も、決定打がない弱いキャラでは考えるだろう。ただ、超人化は極めて強力で、弱いキャラでも隣接して攻撃する方がいい可能性もある。そのあたりはまだ分からない。強化後、ひたすら矢を撃ち、隣接されたら(その一つ前で武器変更)近接武器で攻撃のルーチンで戦ったのだが。

あと、クロスボウの矢はいちいち*鑑定*するのは難しい事もあり、記憶を消された後にちょっとしたミスがあった。鑑定しなおすべきだった。

力自慢の 鬼人正邪 EXTRA その3

79Fまで、無事に能力値、魔道具、物資を増やしつつ進行。一応順調。

神子を倒した。鬼の分銅のカードで巨大化してギリギリ。強い相手ではあるが、80EQは重要。EQのクリアはリアル翌日に。

80EQクリア。強めのランダムAFが複数。パズルが楽になった。加えて、エオンウェ斧。冷気免疫。

さらに増強の薬。能力値を全部カンストもできるかもしれない。

隠密が極めて高いので探索は楽。色々な指輪や武器を使い回している。魔道具使い系統のキャラは、本を持つ必要が無く、取り込んだ魔道具のおかげで魔道具をアイテムとして持つ必要も無いので荷物蘭が広い。

90EQは即離脱。

98Fで加護の指輪が手に入り、少し苦しい状況だった耐性パズルが楽になった。

99Fでイブツトゥルが審判の宝石。決戦に間に合った。ここで捻じ曲がった日傘。地下ギルドで貯めこんだクロスボウの矢の強化。ただし、これはJ戦の為。クロスボウも持つ。この先拠点に入れるかどうかは分からないのでJ戦の準備も必要。混沌4冊目と胡散臭げな扇のカードも持つ。クロスボウの矢は、魔法の矢筒があれば引き出し可能。太歳星君には接近戦を挑む。

巨大化したら、装備変更不可。グリモワール装備で鬼の分銅は失敗。

ミスはあったが、無事、太歳星君を倒した。アグララングにつららのカード。その他、強化系のカードや爆発の薬の強力投擲。英吉利牛のカードでの朦朧。その他、あらゆる手段。
sidetitleスポンサーサイトsidetitle
sidetitleリンク元(IN)sidetitle
sidetitleFC2掲示板sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle忍者アクセス解析sidetitle