ネットゲームにおけるソロプレイヤーと無用の用

痛いニュースより、

blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1603777.html

との事だが、

oshiete.goo.ne.jp/qa/1187441.html

より引用

荘子が恵子を論破する時に出てきます。恵子が荘子の理論を世の中の役に立たないと言います。すると荘子が

「今我々が立つのに必要なのは足がついている地面だけで、その他の地面は無用だ。だから、足の面積を残して、ほかの地面がなくなってしまったら、今ある足の地面は有用であろうか」

そういわれた恵子は

「もちろん、そんなものは役に立たない」

と言います。

無用の用でいう「無用」とは有用のものを存在ならしめる為のものであり、そこに常に相互関係があります。


要は、人と係わり合いになりたくないからといって、人の存在しない世界をのぞんでいるわけではないという事です。たとえ他人と話さないとしても、そこに他人は必要なのです。孤独がいくら好きでも、砂漠に住みたいと思いますか?

ソロプレイヤーといえども、そこに息づく人々のもたらす活気、イベント、動きのもたらす世界観を愛する事はあります。たとえそこに積極的に関わらないにしても。ネットゲームには、閉じたゲームには無い魅力があり、そこにソロを愛するプレイヤーは魅かれるのです。


スポンサーサイト
sidetitleスポンサーサイトsidetitle
sidetitleリンク元(IN)sidetitle
sidetitleあわせて読みたいsidetitle
あわせて読みたい
sidetitleFC2掲示板sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle忍者アクセス解析sidetitle